改築工事のタイミングを知る

>

木材の種類を知っておこう

丈夫な木材

木材は、強度が低いという面がデメリットに挙げられます。
ですがデメリットを解消した種類があるので、建物を作る時は選択してください。
合成樹脂の木材で作られた住宅は、対応年数が33年になります。
そのぐらいの期間があれば、十分だと思います。
30年に1回改築工事をする頻度なら、経済的な負担にも感じないはずです。

多くの人が集まる会社やお店は、22年です。
住宅より短くなってしまいますが、木材でこのくらいの対応年数があるのはすごいことです。
木材は強度が低いというイメージを持っていた人は、その考えを改めてください。
合成樹脂を使えば、対応年数が長くなるので安全に生活を送ったり、仕事を進めたりすることができるはずです。

木材モルタル造とは

建物を木材で作る時に、木造モルタル造という選択肢があります。
他の素材で建てた時に比べて、かなり対応年数が短いというのが特徴です。
商業用の施設の場合は20年が限度です。
住宅の場合は30年と決められています。
頻繁に改築工事を繰り替えさないといけませんが、何度も工事をして建物を強化した方が安全だと考える人におすすめです。

また商業用の施設の中には附属設備があると思います。
付属設備にも対応年数が決まっているので、覚えておきましょう。
付属設備の対応年数は短く、3年から18年だと言われています。
木材を使っていた場合は、3年程度で対応年数が終わります。
さすがにそれは短いので、付属設備だけ別の素材を使って作っても良いと思います。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑