改築工事のタイミングを知る

>

住宅を修理する時

鉄筋コンクリートの建物

建物を作る時は、鉄筋コンクリートという素材を選択できます。
自分が生活を送る住宅を作る時は、耐用年数が70年とかなり長いです。
他にも建物を作る時に選択できる素材はいくつかありますが、その中でも鉄筋コンクリートが最も長い耐用年数を誇っています。
地震や台風などの災害が起こって、すぐに壊れる住宅では安心して暮らせません。

安全性を高めたい人は、鉄筋コンクリートを選択しましょう。
会社のビルなど、仕事で使う時は耐用年数が少し短くなります。
それでも鉄筋コンクリートは、47年は丈夫な期間が続くので何も気にせず仕事を進めることができます。
仕事で使うビルの場合は、常にたくさんの人がいるので耐用年数が少し短くなっています。

レンガなどの素材

レンガやブロックを使った住宅で暮らす時は、耐用年数が57年と決まっています。
かなり長いので、何度も改築工事を依頼しなくて良い部分がメリットです。
ですから住宅を建設する時は、丈夫さが好まれてレンガを選択する人が増えています。
鉄筋コンクリート並みに価格が高額でない部分も、嬉しい面です。
特殊な石を使って住宅を建てる場合があります。
その時もレンガやブロックと同じで、耐用年数は57年です。

会社のビルやお店の場合は少し短くなって、38年になります。
耐用年数が過ぎたら業者に改築工事を依頼するのではなく、過ぎそうになった時に依頼してください。
まだ良いと思わないで、早めに点検しましょう。
耐用年数内でも、問題点が見つかるかもしれません。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑